« 2012年11月 | メイン | 2013年01月 »

2012年12月31日

お世話になりました。

毎年ですが、31日は営業部一同”自動車の洗車並びに年始の準備をしてます。
それにしても、あっという間の2012年でした・・・皆さんはいかがだったでしょう?
DCIM0218.JPG
フジデン本社2Fベランダで、暮らしているランちゃんのお正月はと言いますと、
毎年、心優しい社員さんのお宅に泊めて頂いております。今年は村田部長宅に
お泊りです(*^_^*)ランちゃん”良かったね〜今年も温かいお正月を迎えられて!
それでは、皆様”良いお年をお迎え下さいませ。

投稿者 fujiden : 10:26

2012年12月29日

ありがとう御座います。

知っている方も多いとは存じますが、私の妹のご主人さんはマンガ家さんです。
以前、ダブルハードと言うアクションマンガを長期連載されておられましたので、
DCIM0212.JPG
知っている方も多いと存じます。また、写真の「龍帝」は、漫画サンデー連載で
お馴染みで御座います。私は、アクション系と言うかヒーロー系が大好きです!
DCIM0213.JPG
今野さんと市原さんの絶妙なコンビネーションで生み出されるマンガが大好きです!
今後とも、お二人の活躍を心より応援しております!また、この度は嬉しい
サイン付きのマンガを送って下さり、ありがとう御座いました。大事にします(^O^)

投稿者 fujiden : 14:53

2012年12月27日

西鶴さん忘年会

いつも、お世話になっております山本一郎社長率いる叶シ鶴様の大忘年会に
今年も、参加させて頂きました。毎度、有馬温泉にて宿泊付きのゴウジャスな
忘年会で御座います(^−^)また、こちらに集まる皆さんは個性的な方々です。
DCIM0210.JPG
例えば、お墓のジャーナリストさん、お坊さん、霊媒師さん、弁護士さん等々。。。
深夜3時迄、大勢でワイワイがやがやと楽しい時間を過ごさせて頂きました。
いつも、山本社長をはじめ、西鶴の皆様”お世話になりありがとう御座いました。

投稿者 fujiden : 15:54

2012年12月22日

m&mチョコ

ロンドンで泊まったホテルが、市内の中心にあるWスクェアーと言うホテルでした。
そもそも、イギリスでは300年以上の建物がザラにありますので、こちらのホテルは、
築浅でいて、しかも斬新なデザインをしたホテルは珍しいのでは。。と思います(゜o゜)
P1040979.JPG
中に入ると、もっとビックリしました(・・;)此処は!ホテルなのか?ディスコなのか?
ガンガン音楽が鳴り響いており、DJスタッフさんがホテルスタッフをしている様な。。
もう一回泊まりたいホテルかと言うと。。。答えはNOと言わざるを得ません(-。-)y-゜゜゜
P1040971.JPG
しかし、唯一!大変なサプライズを頂きました。それがm&mのチョコ売り場でした。
その売場の大きさにビックリしました(゜o゜)こちらのホテルの地下2F〜1F全部です!
m&mチョコ!最大級のデパートではないでしょうか?実に楽しかったです(^−^)

投稿者 fujiden : 14:18

2012年12月21日

ピーターラビット館

湖水地方でもっともワクワクした場所が、こちらのピーターラビットの館です。
イギリスと言うところは、馬鹿デカイ館か?とても小さな館か?に別れます(~_~;)
P1040927.JPG
どれくらい馬鹿デカイかと言いますと、大英博物館でしたら、全部見るには、3日は
かかります(・・;)真ん中がない国だなとつくづく思いました。そんな中、ちょうど良い
大きさが、こちらのピーターラビット館です。お土産をい買いつつ二時間で廻れました。

投稿者 fujiden : 13:30

2012年12月16日

湖水地方と言えば

この時期、観光客も少なく何処に行っても、気持ちが良いくらい待ち時間なしです。
更に、日本人の方には、ほとんどお目にかかる事がなく、会う人全て外人さん(^_^;)

しかも、日本語が全く通じません(^_^;)湖水地方は、地理感がないのでガイドさんを、
手配しましたが、なんと。。英語のガイドさん(゜o゜)それを長女が訳してくれる旅でした。
そして、嬉しい事に 雑誌等で見ていた景色に出会う事が出来ました。

投稿者 fujiden : 10:56

2012年12月13日

湖水地方

ロンドンから、特急電車で約3時間走りましたらピーターラビットの聖地で有名な
湖水地方に到着です。こちらは、数百年前から大自然が守られているそうです。

この大自然を守るに際し、莫大な寄付をされたのが、ビアトリクス・ポターさんです。
彼女こそ、ピーターラビットの著者で御座います。絵に書いた様な大自然です(^−^)

投稿者 fujiden : 10:45

2012年12月08日

ご案内頂きました。

とっても親切なセントバンクラスのホテルマンに連れられて向かった先にある
景色とは・・・・・・・・・・雑誌等で有名になった豪華な階段で御座いました(^O^)

こちらの階段は、撮影用かと思いきや、お客さんが普通に登り降りされており、
私も、登って降りてをさせて頂き、映画タイタニックを思い出しておりました(*^_^*)

投稿者 fujiden : 05:26

2012年12月07日

ロンドン

ただ今、長期休暇を頂き日本から直行便で12時間(゜o゜)イギリスへ来ております。
しかも、時差マイナス9時間もあり、どんな人も多少の時差ボケしてしまいます(^_^;)

こちらの写真は、セント・バンクラスホテルで御座います。最近、大改装されたそうです。
ロビーで座っていると、ホテルマンの方が英語で話かけて来られました。私はすかさず
自慢の英語で、ノー!スピークイングリシュ(^_^;)すると。。。日本語を紙に書いて戻って
来られました。書いてあったのは、「素晴らしい景色に案内させて下さいでした」(^o^)
さすが英国紳士(^o^)丿(素晴らしい景色は続編に続く・・・・・)

投稿者 fujiden : 14:36

2012年12月04日

長期休暇させて頂きます。

私は、勝手ながら12月4日〜11日迄の間、長期休暇を取らせて頂きます。

何処に行くのかと言いますと、長女が留学しているイギリスへと旅に出ます。
しかし、この季節ロンドンは寒い(-_-;)黒帯のメタボでも寒いと言われる極寒の国へ

投稿者 fujiden : 06:55

2012年12月03日

気になる。。。。

先日、東京へ出張へ出張へ行った時の事です。いつもの様に電車に
乗っていると・・・何やら電車の棚に主のいない鞄がポツンと・・・・(~_~;)
2012_0823_08_44_12_052.jpg
今頃、鞄を忘れた人は真っ青になっているだろうな〜と思いつつ・・・
ひょっとして、爆弾かも??と・・想像しながら鞄を眺めていました(~_~;)
その後、私は次の駅で降りましたので、その後鞄さんがどうなったのか?

投稿者 fujiden : 14:53

Copyright (C) 2007 藤村泰宏. All Rights Reserved.